自己破産をしなければいけない状況

借金で首が回らなくなってしまったら、まず考えるべきは自己破産です。借金の種類によってはできないこともあるのですが、基本的にはまずはそれを検討するべきでしょう。しかし、その前に過払い金が無いのかどうかを確認するべきです。過払い金が発生する可能性があるのは、キャッシングやカードローンなどでお金を借りてかなり長い期間を返済していたりしますと起きている場合があります。これはグレーゾーン金利というものでお金を借りていて返していた場合に発生するのです。そしてそれは間違いなく変換してもらうことができます。弁護士なり司法書士なりにやってもらうこともよいのですが、今は自分で調べて返還請求をすることもそんなに難しいわけではないのです。キャッシングなどが原因で自己破産をしないといけないような状態になってしまったのであればまずは過払い金の有無を確認しましょう。

還ってきても駄目な場合

過払い金がいくらかあり、それが還ってきても駄目な時は駄目です。そもそも可能性としてはあるのですが、そこまで極端に過払い金があるわけではない人のほうが多いのは確かでしょう。ですが、それでも可能性がゼロではありませんし、確認してみて還ってくるならば返還請求はするべきです。その後、やはり駄目であったら自己破産をすればよいのですから、まずは弁護士にそのことを相談してみるべきでしょう。ちなみに自己破産をした後に返還請求というのはできないようになっています。あくまで自分のすべての債権、債務を、となっているわけです。

自己破産の手続きを進める際には、早い段階で弁護士や司法書士などの法律の専門家に助言を受けることが重要です。