衣類の名称を覚える!

ファッションを学ぶ上での基本は衣類の名称を覚えることです。例えばパーカー・ポロシャツ・チノパン・スキニーパンツなど色々な種類があります。これらの名称を覚えないと、的確なコーディネートができませんし知識不足だと思われても仕方ありません。また、その衣類は何が使われているかですが、例えば洗濯に弱い繊維とそうでない繊維があるので洗い方まで知り尽くしていると役に立ちます。

色の勉強も忘れてはいけない

ファッションのアイテムをどのように使うかも大切ですが色のバランスを考えることも必要です。色は、相性の良い組み合わせと悪い組み合わせがあるので色の相性が悪いと台無しになってしまうこともあります。ファッションは自由なので、あえて変な色の組み合わせで着て自己主張を高めるという方法もありますが、通常であれば見ていて不快ではない配色でコーディネートします。

新たな発見をする為の挑戦

ファッションの勉強は何も書類と向き合うだけでなく、実際に自分がファッションを楽しむことで見えてくることもあります。違和感のないようにコーディネートできることも大切ですが、通常ではあり得ないような組み合わせで新たなファッションを生み出すという挑戦も有益です。女性の衣類という印象の強かったレギンスを男性が着用したり、海外の大きなメンズ服を女性がワンピースのように着用するなど常識に捉われない発想がファッションを更に楽しくします。なので色々なショップを巡り、頭の中でコーディネートをするのも楽しいですし勉強になります。

ファッションの専門学校は、作るだけではなく、デザインの勉強をすることもできるので、ファション関連の様々な分野を学べます。